「教育CSR」について考える

「教育CSR」について考える

企業はCSRを通して社会のために何をするべきか。

今、CSR(Corporate Social Responsibility)=「企業の社会的責任」の本質が見つめ直されています。
誰かのために、何のために、何をするのか・・・。

企業の経営資源である、ヒト・モノ・カネ・ジョウホウ・ジカンの全てがそのリソースであり、それらをどのように活かすかが「CSR」であり、まさに経営そのものといえます。
つまり、企業の過去と今を未来につなぐ、重要な役割を担っているのです。
株式会社キャリアリンクは、企業のCSR・社会貢献分野における学校教育支援、次世代育成支援活動「教育CSR」に特化した、日本で唯一の教育コンサルティング会社です。
ここでは、企業が教育CSRに取り組む意義や本業とのかかわり、企業の教育CSRの取組みの課題やメリットなどについて考えます。

⇒「教育CSR」とは何なのか?~企業CSRの本質から考える~

⇒企業が「教育CSR」に取り組む意義

 

 

教育CSRメソッド

企業の教育支援活動(教育CSR)を価値ある活動にするためのノウハウ情報サイト

「教育CSRメソッド」サイトでは、自社にあった教育支援活動を企画・設計することから、実際に学校でプログラムを実施する時のノウハウや心得、学校現場の現状や企業に求められていることなどを公開。

教育CSRメソッドへ