イベント・教育関連ニュース

【ジェームズダイソン財団リリース】日本の技術教育をサポートする『ダイソン エンジニアリングボックス』教材改訂版 開発 4月より貸出開始

一般財団法人 ジェームズダイソン財団は、日本の技術教育の更なる発展に貢献し、より多くの生徒が実際の製品を分解組立することで、掃除機の仕組みや構造、材料技術を知り、技術者たちの思考を自ら考え直し、生活の中から問題を見出し課題設定し、技術によって解決することの大切さを学んでもらうため、改訂版ダイソン エンジニアリングボックスの貸出を開始される予定です。ぜひご活用ください。

※詳細は下記ウェブサイトよりご確認ください

ダイソン エンジニアリングボックスは、実際の製品を分解組立することで掃除機の仕組み、機能、サイクロン技術などを学ぶ教材で、2015年度より展開を開始、すでに約90校(生徒9,000人以上)、主に中学校の技術・家庭科授業内、工業高校、高等専門学校にて実施しています。

改訂版ダイソン エンジニアリングボックス教材は、2種になります。従来の製品分解組立ボックス 「ダイソン エンジニアリングボックス」に加え、新たに掃除機の付属ツールを通して材料技術を学ぶエンジニアリングボックス 「ダイソン エンジニアリングボックス タングルフリー タービンツール」が加わります。

今回新たに加わった、「ダイソン エンジニアリングボックス タングルフリー タービンツール」では、掃除機の付属ツールの一つで、「髪の毛のからまり」に対する問題解決策を通して、機構、材料技術などを学びます。

ボックスには教員が授業前に学ぶためのティーチャーズガイドも同梱されています。問題解決をしてきた技術者達の考え方やその背景にある思考を理解することで、教員の授業目的に合わせて生徒を導くことができる教材としても開発されています。

また、実際に機能を体験できるように、通電して使用ができる製品ボックスを併せてご用意しています。

このニュースの詳細・お申し込みは、
「一般財団法人 ジェームズダイソン財団」様WEBサイトをご覧ください。

■一般財団法人 ジェームズダイソン財団 様

http://www.jamesdysonfoundation.jp/

■改訂版ダイソン エンジニアリングボックスの貸出

http://www.jamesdysonfoundation.jp/resources/engineering-box/

2017年03月07日 | 一覧に戻る