現在、保育ルームのマネージャーとして、保育、スタッフ採用やスタッフ管理・運営管理を行っています。ワーキングホリデーで保育アルバイトの経験はありましたが、前職は流通業界だった私にとって、キャリアリンクは一からチャレンジさせてもらった会社です。両親が共働きで、保育所に預けられていた私は、保育者の「ひとことの重さ」を自分自身の体験として感じていました。キャリアリンクの基本的な考え方のひとつである、“子どもに対してプラスの言葉がけをする”ことに、とても共感したのです。

子どもたちが楽しく過ごせるために、まず働く私たち自身が楽しくいられることは大切。そのためにも、働きやすい環境をつくること、やりがいを持って働けるよう対応すること、意見を言いやすい体制をつくることは欠かせません。スタッフ一人ひとりが自分たちの居場所をよくしていこう、という思いを持ってやってくれているおかげで、何かあっても、お互いに信頼して任せることができます。

私は3人の子どもを育てながら、ずっと社員として働いてきましたが、実は続けられるとは思っていませんでした。3人目を妊娠した時に、会社に対して「あまりにも申し訳ない」という気持ちになってしまい、辞めたいと申し出たのです。ところが上司は、仕事を続けるように励ましてくれた。出産して、また働ける状況になれば働けばいい。働くのが当たり前、という考え方です。「制限があるからできない」ではなく、「自分にはこういう制約の中で、これだけのことはできます」ということをアピールして仕事していったほうがいい。そんなアドバイスも心に残っています。

結婚や出産は転機ではありますが、それで仕事を辞めることを考える男性はいませんよね。女性だから、という理由で仕事を辞めることは考えたくない。周囲の協力に感謝しながら、家庭を持つことと働くこと、どちらも自分の人生として、大切にしたいと思っています。