Our Business

キャリアリンクの事業

キャリアリンクでは、教育に関わるあらゆるニーズにお応えするため、「子どもたちの可能性」を引き出すことを発想の原点におきながら、教育事業におけるコンサルティング業務全般を展開しています。企業の学校教育支援事業のサポートをメイン業務とし、四つのセクションに分かれて業務を行っています。

コンサルティングセクション

戦略的教育CSRのコンサルティングに特化し、100を超える企業・団体の教育支援活動(次世代育成)をサポートしています。企業に対しては、昨今ではスタンダードとなりつつあるESG経営における、「S」=Socialの観点や、SDGsへのコミットとして、教育支援活動を「次世代人材への投資」と位置づけ、経営戦略の一環となるように提案しています。また同時に、行政とのネットワーク拡大も強化し、「教育DX」の推進も新たにサポートしています。

企業チーム

企業の教育支援活動(次世代育成)を、事業とリンクした「CSV実現」や「ESG経営」、「SDGsへのコミットのための活動」へと発展させるため、その企業にあった活動のあり方(方法、内容、体制等)を、トータルに戦略立案・企画提案します。主に、企業のCSR部門、ESG部門、広報部門、人事部門の方々との調整を行います。

行政コンタクトチーム

自治体の教育施策と連動した事業基盤を構築するため、その自治体にあった活動のあり方(方法、内容、体制等)を、トータルに戦略立案・企画提案します。主に、教員研修や社会に開かれた教育課程を実現するスキームづくりなど、提案内容は多岐に渡ります。

  • 現在募集はおこなっておりません

パイオニアセクション

学ぶことって楽しい!と子どもたちに言ってもらえるよう、新たな気づき、納得、共感とわくわく感がある教育支援プログラムを開発します。「次世代育成に貢献したい」と考える企業と、「社会に繋がる生きた授業をしたい」と考える学校の間に立ち、両方のニーズに合った内容・コンテンツを提案・制作しています。

コンテンツマネジメントチーム

主に企業の次世代育成支援に関わるプログラムの企画・コンテンツ開発をします。
その企業がもつリソースを、どの学年のどの単元でいかせるか、どんな学びになるかを考え、児童・生徒用ワークシート、指導案、映像・WEB教材などの設計、原稿執筆を行います。
専門家・開発協力教員と協働しながら、検証実施を通して完成させます。

デザインマネジメントチーム

小学校から高校までの児童・生徒向け教材や、教員向け、保護者向けのガイドや案内等のデザイン・制作をします。
冊子等印刷物、web・ICT教材、映像教材、立体実物教材、展示パネルなどさまざまなツールをデザイン・クリエイトしていきます。
また、教育分野におけるプロジェクトやイベント等の広報・プロモーション活動に必要なクリエイトや告知企画・実施についても担っています。
社内に企画・ディレクション・デザイン機能を抱え、また、外部パートナーにも協力していただき、質の高いクリエイトを実現しています。

  • 現在募集はおこなっておりません

マーケティングセクション

企業と学校の「橋渡し役」となるセクションです。企業の想いが込められた、子どもたちがわくわくする教育支援プログラムを、そのねらいや思いをしっかりと教員へ伝え、受け渡します。具体的には教育プログラムの案内、受付、実施サポート、実施後のフォローを教員、企業に行います。「子ども達が夢中になっていました」こんな感想を聞く瞬間は特にやりがいを感じます。

教育コーディネートチーム

企業講師の出張授業をよりよいものにするため、訪問、または、オンラインで教員との事前打合せや実施までの調整をサポートします。 
講師と教員の効果的な協力体制ができてこそ、わくわくする質の高い授業が実現します。コーディネーターはそのための「縁の下の力持ち」といえるかもしれません。

プロジェクトコンタクトチーム
マーケティングコンタクトチーム

主に教員へ教育プログラムのご案内を行うのはマーケティングコンタクトチーム。お申し込み後の教員の実施サポートを行うのはプロジェクトコンタクトチームとなり、複数名で協力し運営しています。また、実施した教員のご意見や感想を参考に、次年度はどう教員へご案内するとよいかなど、双方のチームで得た情報をマーケティングセクション全体で協議検討し、他セクションと連携して企業への提案も行います。

エデュケアセクション

Education+Careを保育の現場で実践するセクションです。保育現場で培ったノウハウをいかしたコンサルティングやイベント企画なども行っています。
ひとりひとりの個性を大切に、遊びを通してお子様の可能性を伸ばし自信につなげていきます。できなかったことができるようになっていくステップをいっしょに喜びあえるよう、保護者との信頼関係も大切にしています。

院内保育・託児保育